« 70年代フランス賛 | トップページ | ファンタスティーク »

母は娘を産み、娘は母となる。

6faf9fdd9d5b82b2dc4008b65e5ed67c1男性である私にとっては、母と娘の絆というのはわかるようで本当にはわからない。父と息子との関係とは全然違う、女性どうしならではの深いつながりがあるように思う。それはあるときは押し付けがましいほどの愛情であり、またあるときは血の流れるような激しい憎しみであり、そしてまたあるときには底なし沼のようなべったりとした共依存であったりするのだろう。映画「愛する人」(原題: Mother and Child)はそんな母娘関係というテーマを、静かなドラマの中にとらえた秀作。

14歳で妊娠・出産し、母親の意思によって娘を養子に出さざるを得なかった主人公カレン。そして実の親を知らずに育ち、「産む性」であることを強く拒否するようになった娘エリザベス。生きる喜びを感じられず、氷の塊のように冷たく頑なだったふたりの心が、周囲の人々の愛を知ることによって少しずつほどけていく。やがてお互いを探し求めるようになる過程が、じんわりと抑制された語り口で描かれる。ラヴェルのピアノ協奏曲の第2楽章をテンプにしたと思しき音楽が、心に沁みる。

しかし、生き別れた母と娘はついに出会うことがない。物語としてこれ以上の悲劇はないだろう。それでも母は、娘が遺した孫娘に会うことで、大きな安らぎを得る。母から娘へ、そして娘から孫娘へ、命が継がれていくイメージが素晴らしい。そしてラストシーン、カレンがいまはもうこの世にいない娘にあてて書く手紙。うーんやられた・・・と思いつつも、涙を止めることができない。見る人の感情を深く揺さぶる映画だ。

ドラマの中には様々な母娘が繰り返し描かれる。そして繰り返される出産シーンは、母と娘の関係が「産む性」としてのフィジカルかつスピリチュアルなつながりであることを強調している。これは母と娘がどこまでも連なっていく物語であり、この連鎖の中では、男性はタネ付け(失礼)をするという以外にほとんど意味を持たない。男性としては複雑な心境なのだが、これが女性にとってのリアルな感覚なのだろうというのはわかる。母と娘はとても近く、とても遠く、ずっと離れていても片時も離れられない、そんなものなのだろうか。

プロデューサーは「バベル」のイニャリトゥ。独立して別々に進行する複数の物語が最後にひとつになるといういつもの手法は、ここでも効果的に用いられている。そして監督は、これでもう「ガルシア=マルケスの息子」という肩書から自由になることができるだろう。

ロドリゴ・ガルシア監督、2009年。

|

« 70年代フランス賛 | トップページ | ファンタスティーク »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/78230/38687673

この記事へのトラックバック一覧です: 母は娘を産み、娘は母となる。:

« 70年代フランス賛 | トップページ | ファンタスティーク »