« ファンタスティーク | トップページ | マーラーおたくのための歴史的録音 »

雪のマラ3

Myungwhunchung1降りしきる雪の中、チョン・ミュンフン指揮、N響2月定期Cプロの初日を聴くためにNHKホールへ(2月11日)。曲はマーラーの3番。4管18形の大編成で、非常に充実した、かつ緻密な響き。聴いていて最初に頭に浮かんだのは "genau" という言葉。「正確」と訳すと少しニュアンスが違う。きっちりちゃんとして目が詰まっている感じ。そしてもうひとつ印象的だったのは、「音のないところ」にとてもこだわっていること。この曲にはしばしば、ひそやかな気配だけで音楽が進行していくところがある。それはちょうど、しんと静まり返った森の中で、なにか神聖なものの存在を感じたりするような感覚だ。そうした弱音の部分を、チョンは意識的に緊張感をもって響かせていたように思う。第1楽章の弱音の部分では、寝ている人のスースーといういびきがホール内に響くほどだった。見事なトロンボーン・ソロもこの感覚と調和していて、素晴らしい出来ばえ。

私は3階で聴いていたのだけれど、第3楽章のポストホルン(楽器はたぶんコルネット)はこれまで聴いた実演の中では最も遠くから聴こえてきた(2階通路奥で吹いていたらしい)。かなり遠い響きだったので、おそらく「遠すぎる」と感じた人もいたのではないか。しかしこれもおそらく弱音の演出のひとつで、単なる夢幻的なニュアンス以上のもの、はるか昔の遠い追憶(もう失われてしまった時間)を呼びおこすものであるように感じられた。

アルトの藤村さんが第4楽章で聴かせた深みのある歌唱は、この「夜の歌」のイメージをこの上なく巧みに表現したもの。そしてそれと響きあう最終楽章は、かなりテンポを落としてゆっくりと包み込むような感じだった。転調するたびに、天上から差してくる光がやわらかくうつろう。そしてクライマックスではティンパニ4台(下手に置かれていて、いつ使うんだろうと思っていた)という特別演出あり。さすがにエンディングはためて振るのでタイミングはわずかにずれてしまうが、音量と視覚的効果を最優先にした選択で、私は面白かったと思う。今日は拍手もブラヴォーもちゃんと棒が下ろされてからで、本当に好きな人たちが集まっているんだなあ、ということが伝わってきた。雪のおかげかな。

さて、この曲の実演では独唱者と女声合唱と児童合唱がどのタイミングでステージに入るのかがいつも気になるのだが、昨日は女声合唱だけ最初から座っていて、第3楽章の最後でまずゆっくりと独唱者が入ってきて、続いて児童合唱が急いで入ってくるというパターン。印象としてはちょっと慌ただしい。また最終楽章に入る前に着席の時間をとったので、スコアの指示通り Folgt ohne Unterbrechtung ではなかった。ここはやはりアタッカでいった方がいい。しかしともかく、音楽的に考え抜かれた感動的なマーラー3番だったと思う。一夜明けてすぐにいろいろブログ記事が出てきているので、聴いた人はそれぞれに強い印象を受けたのだろう。チョンのマーラーはもう何度か聴いているけれど、そんなにハズレがない。

<今日のいけしょう>
第4オーボエ奏者(イングリッシュ・ホルン持ち替え)として出演。そんなにイングリッシュ・ホルンのソロがたくさんある曲ではないけれど、決めどころはパーフェクトに決めてくるのがやっぱりいけしょうです。

|

« ファンタスティーク | トップページ | マーラーおたくのための歴史的録音 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/78230/38840705

この記事へのトラックバック一覧です: 雪のマラ3:

« ファンタスティーク | トップページ | マーラーおたくのための歴史的録音 »