« ひたすら疾走の1時間半 | トップページ | JLG »

マリンはヘンだと思いませんか?(意見求ム)

192_480x7201イオン・マリンが振ったN響の1月C定期(初日の14日)を聴きました。マリンは日本ではまだ一般的な知名度は高くないですが、ルーマニア出身でオーストリアを拠点に活躍してきた中堅の実力派指揮者。なかなかのイケメンでもあります。今回のプロは、去年5月に大フィルの定期に登場した時のプロとまったく同じ。私はその頃ちょうど大阪にいましたが、残念ながらその演奏会は聴いていません。

まずは「ハゲ山」。「一部原典版使用」とプログラムに書いてあったのは、大フィルを聴いた人からの情報通り、リムスキー=コルサコフ版の「鐘」以降(381小節以降)をカットして、1867年原典版のエンディング(おそらく練習番号16の1小節前から)をくっつけたもの。マリンは去年のベルリン・フィルのヴァルトビューネでもこの版でやっていたそうですから、もはや「マリン版」と呼ぶべきかもしれません。私は初めて聴きましたが、予想通りかなり強引な編曲です。そもそも原典版とリムスキー=コルサコフ版は素材的には共通しているものの、まったく別の曲と考えた方がいいぐらい違うものです。どういう意図かわかりませんが、それを無理矢理一緒にしているので、まさに「木に竹を継いだ」という印象。しかしながらマリンは、単なる思い付きではないんだ!とばかり、物凄く真剣に思いを込めてこの版を演奏しているので、その気迫に押されて「ナ、ナンダカよくわからないがとりあえず聴いてみよう」という気になってしまいます。そしてN響は高い合奏力と表現力で、この非常に鳴りにくいオリジナルのオーケストレーションを見事にこなしてしまうのでした。最後まで聴いても編曲の意図はよくわからないのですが、思いは伝わりました。

次の「クープランの墓」でさらに驚愕。オーボエがどのくらい速いテンポで「前奏曲」を始めるのかを待ち構えていたら、なんと茂木サンは聴いたことがないくらい遅いテンポで吹き出したのです。しかもやたら遅いだけでなく、随所でルバートをかけてテンポを動かす超個性的な解釈。クラヴサンによる優雅な演奏ではなくて、モダン・ピアノによる超ロマンチックな「クープランの墓」という感じでしょうか。この曲としては弦のプルトが多い(16型)こともその印象を強めます。この曲はフランス古典音楽へのオマージュとして、ロマン派的な表情づけを排して演奏されるのが通例だけに、、一体マリンは何がやりたいんだ!?とまたしても頭を抱えてしまいました。しかしこれがまた奇を衒ったという感じでもなく、真剣に「これがいいんだ!」と感じ入ってやっているのです。弦の響かせ方は実に美しいし、管のニュアンスも見事。スタイルはどうみても場違いですが、演奏はなかなか聴かせます。「フォルラーヌ」「メヌエット」とそんな感じでやって、「リゴードン」でようやく普通になったかな?と思っていたら、エンディングの強烈な音伸ばし…やられました。うーんわからん。

後プロは「展覧会の絵」。この曲はさすがにどんな味付けでも楽しめる曲なので、各プレーヤーの名人芸を堪能しながら楽しく聴かせてもらいました。全体的な特徴としては、プロムナードの独特のフレージングや、「ビドロ」のコントロール、「キエフの大門」でぼんやりと靄の中から門が出現してくる感じなど、ムソルグスキーの原曲のイメージを汲んだ解釈と言えます。それにしてもその「大門」のテンポの遅いこと遅いこと。拍のアタマをあまりにもタメるので、ティンパニと大太鼓の打撃タイミングがしばしばずれてしまいます。本当にこれをやられるとオケは大変。でも、この超スローなテンポでも間延びせず、充実した分厚い響きを作り出すN響はやっぱり凄いと思います。で、やっぱり頭に浮かんだのはマリンと同じくルーマニア出身の巨匠、チェリビダッケの超スローな「大門」でした。マリンもチェリビダッケ同様、最後の大太鼓をヘミオラで打たせていたし、この曲に関してはチェリビダッケの解釈をかなり意識しているんではないかと思います。

一言でいえばマリンはかなりヘンです。しかも、なんでこんなヘンな考えにたどりついたのか、その論理が聴いていてさっぱりわかりません。単に思い付きだったり、奇を衒っているのであれば、その底の浅さはすぐに分かるのですが、本人は実に真剣にやっているようです。そして、出てくる音楽はなかなか素晴らしいのです。単に面白がればいいのかもしれませんが、私などはなんでこうなってるんだということがわからないと、なんだかとっても気持ち悪いんですね・・・。ちょっと評価の難しい人です。みなさんの意見をききたいので、もしマリン体験者がこのブログをお読みになったら、ぜひコメントを下さい。

<おまけ:今日のいけしょう>
「ハゲ山」と「展覧会」でセカンドでした。「クープラン」は降り番。ちょっと見せ場少なし。

|

« ひたすら疾走の1時間半 | トップページ | JLG »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/78230/38485197

この記事へのトラックバック一覧です: マリンはヘンだと思いませんか?(意見求ム):

« ひたすら疾走の1時間半 | トップページ | JLG »