« タンクの中の恐怖 | トップページ | 母は娘を産み、娘は母となる。 »

70年代フランス賛

20517_01_l11970年代のフランス文化をいま振りかえると、確かにちょっと魅力的かもしれない。野暮ったさとおしゃれ感のギリギリのバランス。同時代的に体験していない人がこの感覚を理解してくれるかどうかわからないが、映画「しあわせの雨傘」は、そんな70年代後半のフランス文化へのオマージュともいえる作品だ。

果たしてこれは世界的なマーケットを意識しているのだろうかと思うほど、フランス人向けの内容。とある一地方におけるブルジョワと労働者階級の対立、そこにからむ自由奔放な恋愛劇。全体としては軽いコメディであり、物語は決して深刻にならない。まさにフランス的な笑劇(ファルス)だ。女性の自立をテーマにしているようにも見えるが、これも「当時はよくこういうことが話題になりましたよね」という記号として扱われているだけだと思う。それよりも、衣装や小道具に徹底されている70年代テイスト、合成画面を随所で用いるポップな編集、ミュージカルのように全編に流れる70年代後半のフレンチ・ポップスなどからして、この作品の本質は70年代フランスへのノスタルジーであり、それ以上でもそれ以下でもないと私は考える。フランス好きなら楽しめるだろう。作品としてのメッセージはないようなものだが、それをいうのはそれこそ野暮というもの。

むしろこれはカトリーヌ・ドヌーヴの映画だと考える方が良い(「ブルー・ハワイ」がエルヴィス・プレスリーの映画だというのと同じ意味で)。邦題は「シェルブールの雨傘」とかけたのだろうけれど、雨傘とドラマはそんなに関係ないのでちょっとミスリード気味だ。原題はブルジョワ夫人を象徴する「potiche=飾り壺」。それにしても、ブクブク太って見るも無残なドパルデューには口あんぐり。

フランソワ・オゾン監督、2010年。

|

« タンクの中の恐怖 | トップページ | 母は娘を産み、娘は母となる。 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/78230/38611690

この記事へのトラックバック一覧です: 70年代フランス賛:

« タンクの中の恐怖 | トップページ | 母は娘を産み、娘は母となる。 »