« 「ラプソディー・イン・ブルー」についてのノート(番外編) | トップページ | アギレラの大作PV »

ロビン・フッドの政治性

001l1「『グラディエイター』よふたたび」という感じの、リドリー・スコット監督とラッセル・クロウのコンビによるハリウッド歴史大作「ロビン・フッド」。ロビン・フッドといえばどうしてもケヴィン・コスナーを連想してしまうが、こういう先行作品に、まったく違う視点を持ち込んで異化するのがこの監督の得意技だ。今回は作品のバックボーンにイングランドの成立とマグナ・カルタを据えることによって、伝説の物語をよりリアルな史実の中に位置づけることに成功している。以下ネタばれあり。

いつもながら、映像の力が凄い。冒頭の見せ場となるフランスの城攻略、そしてクライマックスとなる海岸でのイングランド軍とフランス軍の激突、このふたつの戦闘シーンにかけられているヒト・モノ・カネは尋常ではない。そして、それを迫力満点の映像に仕上げるリドリー・スコットの才能にはただただ感服。武器や建築や衣装といったディテールへのこだわりと、美しい自然を見せるロケーションへのこだわりが、13世紀初頭のイングランドをリアルに現出させる。ユーモアもあり、ロマンスもありで、ハリウッド・ムーヴィーの一番美味しいところを、極上に仕上げて出してくれる。映画を観るという体験の面白さを、文句なしに味わせてくれる作品だ。

もちろん、「ロビン・フッドの誕生」にしてはラッセル・クロウが年取り過ぎなんではないかとか、ヒロインのマリアンがヨロイを着て闘っちゃうのはやりすぎじゃないかとか(ヒロインが強いのはリドリー・スコット作品のトレードマークだが、ここまでやると歴史的事実を曲げてフェミニストに迎合しているように見えてしまう)、細かいことはいろいろあるが、観客を力ずくでねじ伏せるような強い映像の前では何を言っても仕方がない。ただ、戦闘でマリアンが死んだように見せておいて、実は生きていたことが後でわかるのは、ウェルメイドの作法としてはちょっとひっかかるけれど。

映画としての出来はともかく、作品としてのメッセージはちょっと気になる。内憂外患に苦しむイングランドを国家として盤石なものにするため、民衆に自由の権利を保障すること。そして、個人の自由を認めない国家に反抗するアウトローを賞賛すること。これはまさにいまアメリカ政治を賑わしている「ティー・パーティー」の政治的主張と重なるところがあるのだ。リドリー・スコットはイギリス人だから、どれだけこのメッセージの政治性に意識的であるかはわからないが、制作会社は十分に考慮しているだろう。それだけこの思想はアメリカ人には受けるんだなあ、と改めて感じた次第。あえて挑発的な物言いをしてみれば、これは「反オバマ映画」ということになる。

音楽はハンス・ジマー門下のマーク・ストライテンフェルド。ジマー御大が忙しくなってしまったのか、ここしばらくリドリー・スコット作品はこの人が付けている。もう何作も一緒にやっているところをみると、監督も気に入っているのだろう。それにしても御大そっくりのスコア。おそらく監督は御大の「グラディエイター」、そして同門ハリー・グレッグソン=ウィリアムズによる「キングダム・オブ・ヘブン」)をテンプにしているとみたが、どうだろう?

リドリー・スコット監督、2010年。

|

« 「ラプソディー・イン・ブルー」についてのノート(番外編) | トップページ | アギレラの大作PV »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/78230/38243531

この記事へのトラックバック一覧です: ロビン・フッドの政治性:

« 「ラプソディー・イン・ブルー」についてのノート(番外編) | トップページ | アギレラの大作PV »