« キョーハクのトーハク | トップページ | 引っ越しました。 »

若いけど昔ながらのロシアオケ

Bashmet美人ヴァイオリニスト・シリーズ第4弾は、諏訪内晶子さんです。文句なしの美人。映像では何度も見ていますが、実演は今回が初めて。彼女の演奏については、人によってだいぶ評価が分かれるので、自分の耳で確かめてみようと思いました。

2010年5月9日 神戸文化ホール

ショスタコーヴィチ: 祝典序曲 Op.96
ショスタコーヴィチ: ヴァイオリン協奏曲第1番 イ短調 Op.77
チャイコフスキー: 交響曲第5番 ホ短調 作品64

ユーリ・バシュメト指揮 国立ノーヴァヤ・ロシア交響楽団
ヴァイオリン:諏訪内晶子(使用楽器:1714年製ストラディヴァリウス「ドルフィン」)


かつて「新ロシア交響楽団」と邦訳されていた「ノーヴァヤ・ロシア」、どんなオケかと思っていたら祝典序曲が始まってビックリ。細かいとこはどーでもいい、とにかくヤルのだ!とばかりに鳴らしまくる、昔ながらの典型的なロシア・オケでした。管打が鳴らすこと鳴らすこと。それに負けずに弦セクションもフル・ヴォリュームで鳴らしまくる。のっけからの爆演に呆れつつ苦笑。

さて、お目当てのコンチェルト。
諏訪内嬢は淡いヴァイオレットのスレンダーなドレスで登場。背も高いし、モデルのようなスタイルの良さです。第1楽章は凄くゆっくりとしたテンポで開始。バシュメトは低弦を繊細に扱います。ソロはさすが「ドルフィン」とため息をつきたくなる美しい音色。決して冷たいものではなく、つややかで美しいという印象です。最近の女性ヴァイオリニストがこの曲をやるときにありがちな甘ったるい感じは皆無で、それは良かったのですが、願わくばもっと厳しさがほしい。この「ノクターン」の「夜」の意味は非常に深いのです。諧謔的な第2楽章ではテンポを落としすぎる指揮者が多いのですが、バシュメトはさすがにそれはしません。ソロは意図的に荒々しく弾き始め、切れ味鋭く好調です。オケの爆演傾向も良い方向に作用して、この演奏悪くないかも、と思ったのですが・・・。第3楽章にヌルっと入ってしまいました。ここで演奏が一気に弛緩。このパッサカリアは「悲劇的な運命=歴史」を表すものとして、ひとつひとつの変奏をドラマティックに描き分ける必要があるのですが、ただただ重苦しいだけでかなり退屈(第3変奏ぐらいで睡魔が襲ってきました)。後半の重量級のカデンツァで諏訪内嬢はだいぶ健闘していましたが、中ほどのデタシェの部分(184小節からのところ)など緊張感が持続していないところがあると僕は感じました。オイストラフも語っているように、このカデンツァはかなり計算してもっていかないといけないのです。第4楽章でもバシュメトがテンポをゆるめないのはさすが。オケはちょっとミスが目立ちます。ソロはほとんどヴィルトゥオーソ・コンチェルトのように弾いているので、やや非ショスタコーヴィチ的でした。総合的に見ると、非常に美しい音色と高い技術力で演奏されたコンチェルトではありましたが、諏訪内晶子ならではの「何か」があったのか、というところには疑問が残ります。こういう曲は「噛み砕けない何か」「消化できない何か」がリスナーの中に残らないと成功とはいえないと思うのですが、そういうものは感じられなかった。あまりにも滑らかにするっといってしまっているのが物足りないのです。僕の初ナマ諏訪内の感想はそんな感じでした。難しいですね、この曲は。

休憩を挟んでのメイン・プロはチャイコの5番。これはもう「爆演」以外の何物でもありませんでした。細部はロシア的に非常にアバウトで、オチるは、出遅れるは・・・という感じなれど、音量とノリはしっかりキープ。西欧的洗練というものとはほど遠い、ほとんど演歌のようなチャイコフスキーでした。ブラヴォーとか飛んでましたが、こういうのは褒めていい演奏なんだろうか。わかりません。

アンコールは2曲。

ブラームス:ハンガリー舞曲第1番
オリヴェイラ:ティコ・ティコ


「ワタシたち、こんなのもできるんですよ」というショーケース的アンコールでしょう。「ティコ・ティコ」が始まったときはチャーリー・パーカーを思い出してしまいましたが、ビートルズ好きで知られるバシュメトはパーカーもお好きなんでしょうか。

会場を出たところに、楽団員用の大型バスが3台停車していました。今回の来日ツアーは15日の長野までとてもハードなスケジュールのようですから、バシュメトもオケの皆さんも、くれぐれも体には気をつけて、日本滞在をエンジョイしてもらいたいものです。スパシーバ。

|

« キョーハクのトーハク | トップページ | 引っ越しました。 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/78230/34633678

この記事へのトラックバック一覧です: 若いけど昔ながらのロシアオケ:

« キョーハクのトーハク | トップページ | 引っ越しました。 »