« 「虐殺の森」を生きる | トップページ | Covered Beatles (9) Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band 編 »

めんこん。

100212l1美人ヴァイオリニスト・シリーズ第2弾ということで、堀米ゆず子さんです。・・・え、ちょっと強引でしょうか・・・確かに、カザルスホール・カルテットの頃に比べれば「お母さん」という感じですが・・・おきれいな方だと思います。

2010年2月12日 @ザ・シンフォニーホール
大阪センチュリー交響楽団 第148回定期演奏会
指揮:小泉和裕
ヴァイオリン:堀米ゆず子

メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲 ホ短調 作品64
ブルックナー:交響曲第6番 イ長調

堀米さんの音は割と細め。弓の当て方が軽い、というか無駄な力を入れないで発音している感じ。でかい外人のようなパワーはないので、細かいパッセージなどオケの音量に勝てないところがしばしばあるのだけれど、音色は清々しく美しい(楽器は1741年のグァルネリ・デル・ジェス)。過剰な演出はなしに、さらさらと流れる川のような音楽を作り出していくのが、この曲の場合は正解。第2楽章の中間部で、ふわりと風をはらんだような広がりが感じられたのが気持ち良かった。第3楽章冒頭のレチタティーヴォをかなり「語り」っぽくやったのも面白い。

ブル6の第1楽章がどうもしっくりこなかったのは僕だけでしょうか。どのセクションもかなり頑張っているのはよくわかるのだけれど、オケ全体がなかなかひとつの音楽にまとまらず、空回りしている感じ。しかし、第2楽章の弦の響きが深く(こういうのは小泉さんはうまい)、ブルックナー的な森の中というよりも、光がわずかしか差さない深海にどこまでも潜っていくような感覚があった。そこから先はオケもまとまって、フィナーレは良かった。本当はもっとスケール感が欲しいのだけれど、このオケならではのブルックナーという感じ。

さて、次は誰か・・・。

|

« 「虐殺の森」を生きる | トップページ | Covered Beatles (9) Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band 編 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/78230/33366753

この記事へのトラックバック一覧です: めんこん。:

« 「虐殺の森」を生きる | トップページ | Covered Beatles (9) Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band 編 »