« 音楽の「場」ということ | トップページ | 乳白色の壁画 »

ラトヴィアの艶女姉妹

Img014今年は美人ヴァイオリニスト・シリーズでいきたいと思います。さっそく、ルノー・カピュソンの彼女としても知られる(そんなことはないか)美人ヴァイオリニスト、バイバ・スクリデのコンサートに行ってきました。妹のピアニスト、ラウマとのデュオ・コンサートです。僕にとってはもちろん初めての生バイバです。アーティスト・フォトやCDジャケットでしか容姿を知らなかったので、「ラトヴィアの妖精」みたいな可憐な透明感溢れる姉妹がステージに現れるのかと思っていたら・・・んー、確かにキレイですが、いや、おふたりとも想像以上に豊満な美女でした。とくにラウマちゃんが・・・。いや、不純な気持ちで音楽を聴いてはいけませんね。今日は非常に意欲的なプロです。

(後日追記:通りすがりさんのコメントにありますように、カピュソンは2009年春にフランスのテレビのニュースキャスターと結婚したようです・・・)

2010年1月24日(日) ザ・フェニックスホール

ベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ第3番 変ホ長調 作品12-3
バルトーク:無伴奏ヴァイオリン・ソナタ
ドビュッシー:版画
プロコフィエフ:ヴァイオリン・ソナタ第1番 ヘ短調 作品80

バイバ・スクリデ(ヴァイオリン)
ラウマ・スクリデ(ピアノ)


デュオのソナタを2曲、各人のソロを1曲ずつ。しかも2曲のソナタはどちらもヴァイオリンとピアノが絡み合う難曲です。ただのヴァイオリン・リサイタルではなく、ヴァイオリンとピアノの両方を対等な立場で聴かせようという意図が込められたプログラムと見ました。

スターターのベートーヴェンから姉妹らしく息のあったプレイを聴くことができます。第1楽章の速いユニゾンのパッセージが大好きなのですが、さすがにバッチリ。バイバは1725年製のストラディヴァリウス「ウィルヘルミ」を使っています。このストラディヴァリ晩期の特徴があるちょっと黒っぽい楽器は、高音に輝かしさがあるだけでなく、非常に低音が豊かで、僕の好きなタイプの音。バイバの弓をしっかりと弦に吸いつかせる奏法も気に入りました。

バルトークの無伴奏は、近年若い世代のヴァイオリニストが頻繁にプログラムに入れるようになったとはいえ、やはり技術的にはかなりの難曲です。どの奏者もかなり集中して演奏を始めますし、バイバも同じでした。しかしその集中力を音楽の求心力として見事に弾ききっていたのが凄いところで、技術的にはやはり見事。前半は多少力技で持っていくところも散見したのですが(この曲の実演ではほとんど誰でもそうなる)、後半はかなり余裕でした。「プレスト」など素晴らしい。ただ、左手は完璧ですが、この曲のレヴェルまでくると右手にもう少し工夫があるとさらに音楽世界が広がるか?という感じはします。

休憩を挟んで後半はラウマのソロ。このドビュッシーは僕にはいまいちでした。「パゴダ」はテンポを揺らすのがロマン的すぎる気がするし(もっとアルカイックな感じで聴きたいところ)、全体的に響きをペダルで混ぜ過ぎのように思います。ゴージャスではあったのですが、個人的にはドビュッシーにはもっとクラリテが欲しい。

そしてプロコフィエフ。第1楽章は(おそらく第2楽章との対比のため)やや抑えた音量でしたが、重音のパッセージの盛り上がりの部分ではもうちょっと出しても良かったかも(ここはその方が悲劇的に伝わる)。ノン・ヴィブラート奏法もさほど活きてはいなかった。しかし例の「墓場に吹き渡る風」はラウマの音色も素晴らしかったと思います。ここで抑えた分、第2楽章はかなりの大暴れ。まさに「アレグロ・ブルスコ」で、弓の毛を切りながら(どの奏者もこの楽章ではだいたいそうなりますが)の熱演となりました。第3楽章の幻想味もよかったし、第4楽章はやはり姉妹ならではの息の合い方が絶妙。そして「風」が回帰してくるところはテンポが落としてあり、この解釈はとても好きです(この方が切なく聴こえるので)。非常に充実した演奏だったと思います。アンコールはクライスラーの「愛の喜び」。シリアスな音楽のあとの軽い演奏で、口直しとしてとても気持ち良く聴けました。

感想としては、この人はまだまだ伸びそう。多くのコンクールに入賞しているので、もう完成したヴァイオリニストのように思っていたのですが、解釈の面ではまだ若さを感じさせるところがありました。競争の激しいソリストの世界で生き残っていくのは大変だと思いますが、応援したいものです。

ラヴェル:ヴァイオリンソナタ

|

« 音楽の「場」ということ | トップページ | 乳白色の壁画 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

Last spring violinist Renaud Capuçon married Laurence Ferrari, the star anchor of the evening news on French channel TF1.
なのです。昨春とは2009年春のことです。

投稿: 通りすがり | 2010年1月26日 (火) 10時49分

>通りすがり様

おお、全然知りませんでした。情報ありがとうございます。
バイバも幸せになってほしいのですが…。

投稿: Stern | 2010年1月26日 (火) 12時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/78230/33113686

この記事へのトラックバック一覧です: ラトヴィアの艶女姉妹:

« 音楽の「場」ということ | トップページ | 乳白色の壁画 »