« 硬く滑らかなエロティシズム(卵の殻のように。) | トップページ | 音楽の「場」ということ »

音楽を言葉で表現するために

音楽の聴き方―聴く型と趣味を語る言葉 (中公新書)
岡田暁生『音楽の聴き方』中公新書

このブログというスペースで、僕は音楽を聴いた感想(など)について文章を書いている。ブログにする前から自分用のメモとしては書いていたのだが、それを書き始めた理由は、音楽によって生じた微かな心の動きを忘却の彼方に置き去りにしてしまうことなく、言葉として定着させることで曖昧な印象を確かなものにし、記録として残しておきたいと思ったからだった。インターネット上のブログにしようと思ったのは、コンサートなどの共時的な「いま‐ここ」体験をインターネット上で共有することができるということがわかったからだ。また、いちおう読む人を想定して書くことによって、自分の記述に一定の客観性や緊張感がもたらされるという効果も期待していた。まあ実際にやってみてわかったのは、ブログを書くなどということは暗黒の虚空に向かって空しく吠えるようなもので、読み手などというのは存在しないも同然ということだったのだが。

しかし実際に書いてみて思ったのは、音楽について誠実に書こうとすることはやはりそれなりの技術や方法論を必要とするということだった。いろいろな書き方を試してみたし、うまくいったこともあればそうでないこともある。今でもどのように書けば良いのかわからないし、音楽について書くことはしばしば非常に悩ましい。文章のプロではないので気楽なものなのだが、プロでないからこそ真剣に時間をかけて探究できるという側面もある。僕がいつも考えるのは、よりよく書くためにはよりよく聴かなくてはいけないし、よりよく聴くためにはその音楽についてより深く学ばないといけないということだ。その学びに終わりはないが、深く学んだ上で書かれた文章には、人を納得させられるだけの説得力があることが多い。あと、抽象論はやめようということもある。音楽から受けた抽象的なイメージを自分なりの言語イメージに変換していくことは大事なのだが、わかったようなわからないような一般論や抽象論に入っていった瞬間に、音楽を語る言葉は無様に死んでいく。要は、音楽が自分の心に与えた作用を外から眺めて、いったん解体して、言葉として組み立て直さないといけないのだが、これは決して簡単なことではない。もちろんそれと同時に、その音楽についての一定の知識を踏まえていなければいけないということもある。

こういう問題意識を持った人間にとっては、この本は非常に啓発的だった。どのようにしたら「よりよく聴く」ことができるのか、そしてそれを言葉として他者と共有することができるのか、ということが著者の問題意識となっている。社会の至る所で音楽が溢れかえっているにもかかわらず、いやあるいはそれだからこそ、音楽を「聴く」ことはどんどん難しくなっているように思われる。しかしそれでも音楽は人の心を確実に打つ。音楽の力を信じる音楽好きの人たちのために、語りにくいテーマをじっくり考えながら言葉にした労作だと思う。

|

« 硬く滑らかなエロティシズム(卵の殻のように。) | トップページ | 音楽の「場」ということ »

書物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/78230/32965781

この記事へのトラックバック一覧です: 音楽を言葉で表現するために:

« 硬く滑らかなエロティシズム(卵の殻のように。) | トップページ | 音楽の「場」ということ »