« ウィーンの記憶 | トップページ | 再発見される「中国の時代」 »

CGスペクタクルの極致

Poster「2012」(ローランド・エメリッヒ監督、アメリカ、2009)を観る。あの「インディペンデンス・デイ」「デイ・アフター・トゥモロー」でも有名なエメリッヒ監督が、「もうこれ以上壊すものはない」と言ったとか言わないとか、大迫力のディザスターCGの連続が視覚的興奮をもたらす。大地は割れるわ、火山は大爆発するわ、巨大津波は押し寄せるわ、なにしろ人類滅亡の日なのだからどうしようもない。さて、この作品を観に来る人はとにかくこのCGが見たくて来るのだろうから、この作品にそれ以外のものを求めても仕方がない。 描写の科学的根拠がどうのとか、ストーリーの倫理性がこうのとか、言うだけ野暮というものだろう。個人的には、「インディペンデンス・デイ」のアメリカ中心主義的な政治的メッセージに比べたら、偽善的ではあるもののだいぶマシなものになっていると思う。とはいえ、これはハリウッド・エンターテインメント。壮大なヴィジュアル・エフェクトに酔い、ヒューマン・ドラマに涙すればそれでいいのだ。DVD時代に映画館で観る意味のある映像表現という観点でも面白い。

(追記:01/01/2010)
とは書いたものの、日が経つにつれ、映画の内容が心の中にひっかかったトゲのように思い出される。サバイバルする人たちが政治的に問題にならないように巧みに配役されているのはわざとらしいが、まあいいとしよう。しかし、これだけの人類の大量死(まさに「メガデス」と形容するにふさわしい事態)の後に成立する社会が、その死への何の思いもなしに、新しい社会を築いていけるとはとても思えない。その絶望の重さは、新しい世界の成立すら危うくするようなものだというのが現実だろう。もちろん、ハリウッド・ストーリーとして最後は新たな希望に向かって進まなければ、観客がカタルシスを得られないのは当たり前だ。だから映画としてはこれでいいのだが、シリアスに考えるとどうもそれがひっかかる。まあ、上でも書いたようにそういうことを言うだけ野暮なのだが・・・。ちなみに、箱舟が最後に喜望峰に向かうのは、人類の起源はアフリカであるということにひっかけたお遊び。

|

« ウィーンの記憶 | トップページ | 再発見される「中国の時代」 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/78230/32693623

この記事へのトラックバック一覧です: CGスペクタクルの極致:

« ウィーンの記憶 | トップページ | 再発見される「中国の時代」 »