« チョン・ミュンフン/フランス国立フィル | トップページ | アンヘル・ロメロ&村治佳織 »

エイミー・B・グリーンフィールド「完璧な赤」

完璧な赤―「欲望の色」をめぐる帝国と密偵と大航海の物語
取材先の方との雑談の中で教えて頂いた本。コチニールという(昆虫由来の)赤の染料をめぐる歴史ドラマです。こういう話は嗜好品や香辛料では聞いたことがあるのですが、染料でもあるのですね。コチニールは日本の伝統色の臙脂と同じものだと思っていたのですが、虫の種類にもいろいろあって、それぞれ違うというのは初めて知りました。古代アステカ人が野生種を改良していたという話もなかなかの驚き。美術や服飾に興味のある人は読んでおいて損はない良書です。

|

« チョン・ミュンフン/フランス国立フィル | トップページ | アンヘル・ロメロ&村治佳織 »

書物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/78230/6386476

この記事へのトラックバック一覧です: エイミー・B・グリーンフィールド「完璧な赤」:

« チョン・ミュンフン/フランス国立フィル | トップページ | アンヘル・ロメロ&村治佳織 »