« ダリ展 創造する多面体 | トップページ | 村上春樹訳「キャッチャー・イン・ザ・ライ」 »

辻惟雄「奇想の系譜」

奇想の系譜

現在まで続く若冲や国芳の再評価を行ったという点で、基本的な文献のひとつ(初版は1970年)。恥ずかしながらちゃんと読んだことがありませんでしたが、文庫になっているのを発見してすかさず購入。図版も多いのであっというまに読めます。岩佐又兵衛、狩野山雪、伊藤若冲、曾我蕭白、長沢蘆雪、歌川国芳という6人の「奇想」の絵師の画業を「前衛」として再評価する試み。もちろん現在は全員が復権して圧倒的な人気を誇っているわけですが、この本が書かれた40年ほど前にはこれらの絵師は一般的にはほとんど無名だったわけで、その意味でもこの本の果たした役割は大きいと思います。本書で示唆されている、わびさびなどという美意識を大きく逸脱する形態と色彩が日本人本来の造型感覚であるというインスピレーションは、辻先生のその後の仕事を導いていくものです。それにしても改めてこの6人を並べると凄まじい。若冲のマニアックな細密描写(それが必ずしも正確な描写をめざしたものではないという指摘が面白い)はもう美術にさほど興味のないひとにも馴染みのイメージとなっていますが、蕭白のグロテスク極まりない人物像や、国芳の画面に突然現れる不気味な「かたち」は本当に見飽きないものです。日本画に興味をもちながらも、どこか渋くてとっつきにくいと思っている人にはぜひおすすめしたいと思います。

又兵衛工房についての研究などはさすがに現在のほうが進んでいるので、ここで展開されている辻説にはやや古さを感じるところもあるのですが、それは時代の制約というもの。この名著が現在の読者にもいまだに強いインパクトを持っていることを再確認しました。

|

« ダリ展 創造する多面体 | トップページ | 村上春樹訳「キャッチャー・イン・ザ・ライ」 »

書物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/78230/6284859

この記事へのトラックバック一覧です: 辻惟雄「奇想の系譜」:

« ダリ展 創造する多面体 | トップページ | 村上春樹訳「キャッチャー・イン・ザ・ライ」 »